·中国語 ·ENGLISH ·日本語
1.  日本式焼網
a.  日本式焼網---
· 丸形焼網
· 角形焼網
· ステンレス焼網
· 技術革新
b.  溶接焼網---
· クリンプ溶接焼網

ステーキハウスで食べるのと同じようにおいしく自宅でもステーキを焼いて食べる方法を考えましょう。

まずは下味をつけることですが、基本は塩こしょうをすればよいのですから、これは誰でもできることです。筋切りも肉が固いと思ったらやった方がよいのですが、本当に上質の肉ならばそのような必要はありません。むしろステーキをおいしく焼くこつは、火加減にあると言っても過言ではないでしょう。

ステーキを焼くときにはじめから最後まで同じ火加減にしておくと、うまく焼けません。最初に強火にしておくのですが、そのままにしておくと表面だけが焼けて堅くなってしまい、中まで焼けてしまう前に、表面が焦げ始めてしまいます。結果として生焼けなのに表面だけ焦げているとなりますから、こういう事態を避けるために、最初は強火にするのですが、表面に焦げ色がついたと思ったら、すぐに弱火か中火にしてください。こうすることによって、中まで熱が通るようになりますが、すぐに裏返してはいけません。

片面を焼き始めて、表面に血液がにじみ始めたときが裏返すタイミングと思ってください。血液がにじみ始めるのは、肉の厚みの半分近くまでが焼けて、その肉汁が収まりきれずに血液とともに表面に浮き出てくるのですから、そのタイミングが裏返すのに最適なタイミングということになります。あとは、最初の面を焼いたのと同じように、弱火でじっくり焼き上がるのを待てばおいしいステーキのできあがりです。

Click:
会社概要 |  社長の挨拶 |  お問い合わせ |  リンク
ダイヤモンド金網工場  版权所有 【正日商务】出品
工 場: 河北省安平県林荘 〒053600
TEL: 0086-318-7635959
FAX:0086-318-7635006
輸出部: TEL: 0086-311-85962006
FAX: 0086-311-85962005
E-mail: well@grill.cn
(迷惑メール防止のためにフィルターをかけてあります。誤って削除される場合が有りますので2~3日してもご返事が無い場合はお手数ですが直接お電話下さい。)